2017年7月31日月曜日

全国小学生ソフトテニス選手権大会 4日目 2017年7月30日(日)

7月30日、全小の大会ボランティアの最終日でした。
この日は団体戦の決勝トーナメント。
僕の配置は女子1回戦の主審と、男子準々決勝の副審でした。
会場は男子ともに長浜市民テニスコートでした。



滋賀県勢は男子のAチームが2日目に残っていました。
初戦を突破しましたが、準々決勝で宮崎県に敗れベスト8という結果でした。
別コートの審判もしていたのであまり見れませんでしたが、選手の皆さんの頑張りが伝わってきました。
お疲れ様でした。

男子決勝は東京都vs大阪府の東西合戦。
大阪府は準決勝で個人戦優勝ペアを擁する埼玉県を破り勝ち上がってきましたが、決勝は東京都の総合力が勝りました。
東京都の1本目に出てきた前衛の安達くんは、小柄ながら要所を締めたり相手のアタックを確実に止めるなど、小学生とは思えない堂々としたプレーが印象に残りました。
女子決勝は兵庫県vs東京都。
第1対戦はW後衛同士の粘り強い戦いとなり、その間に男子東京都が2本を取って優勝を決めていました(^^;
その勢いに便乗して東京都のアベック優勝もあるかと思いましたが、結局その第1対戦を兵庫県が制し、第2対戦は個人戦を優勝した兵庫県ペアが東京都の2番手を圧倒して勝負あり。
女子団体戦は兵庫県の優勝、兵庫県は個人と団体の二冠となりました。
個人戦を制した前川・中谷ペアはトータルで4ゲームしか落とさず優勝、団体戦も兵庫県はチームとして1本も負けをつけずに優勝しました。



長いようで短かった4日間が終わりました。
最終日も守山のジュニアから2人、僕の練習会に来ている中学生が3人見に来ていました。
彼らも刺激を受けたでしょうし、僕も子どもたちとソフトテニスを通じてかかわらせていただいている身としてたくさん勉強になりました。
次の週末はまた平常練習。
気持ち新たにがんばっていきたいと思います。




<長浜市民テニスコート>

0 件のコメント:

コメントを投稿